プレオな生活

中古でスバルのプレオ買いました。『さらに豊かに、そして完全に』という意味のラテン語の造語であるプレオのように!

スポンサーリンク

中古車店で16年落ちのスバルのプレオを買った

以前乗っていた13年落ちのキューブを処分し、何か安くて良い車がないかと探していた3月の初旬。

新車を買うのは考えていなかった(無理という話も)ので、当然中古車^^

 

同じキューブを買うか?それとも他の車?

普通車を買うか?それとも維持費や修理代の安い軽自動車にするか?

 

迷った末に維持費の安い軽自動車を。

ただし、ある程度走る(加速の良い)車がほしいと考えている僕が出した結果がスバルのプレオ、マイルドチャージャーだったのです。

 

軽自動車といえば、有名所はダイハツのムーブ、タント、スズキのワゴンR、ホンダならライフ、日産ならモコなどがある。

軽自動車に乗っている人でもスバルの軽自動車はあまり知られていない。

 

ということでスバルのプレオは人気車か、人気でない車かと言えば後者の方なのであります。

 

しかし人気者というのはもちろん価格も高い。

ぶっちゃけキューブのほうがオトクな場合もあると判断しました(笑)。

 

僕は学生時代にスバルのレックス(懐かしい^^)スーパーチャージャーに乗っていたのです。

 

自動車部の友人には初速だけなら原付き以上の加速と言われた車でした。

 

その時は脛かじりで親の情けで買ってもらったのですが、その時の楽しさが蘇ってきたのがプレオのスーパーチャージャーだったのです。

 

デモですねぇ~

 

見かけはいろんな評論家が言うように地味、今時の華やかさはない(汗)

 

そういう意味では人気者にならなかった理由なのかもしれないのです。

 

職人気質のスバルの軽自動車。

 

ただし、おとなしい見かけによらず(修理に行ったときのディーラーのメカニックさんの言葉)、走りは良いんです。

 

そして、今は調べてないので不明でありますが、当時では唯一の4輪独立懸架(サスペンションのことね)、そしてスーパーチャージャーに惹かれたのであった^^

 

車種が決まったら購入場所。

 

以前のキューブはヤフーオークションで5万。

(もっとも、税金や修理代で結構かかったのですけど^^;)

 

一番欲しいタイプはもちろんDOHCスーパーチャージャーのタイプRSでした。

ただし、自分としての予算は20万円以内。

 

中古車の宿命として、修理代やタイヤ交換に必ず費用がかかるのはわかっていたので、余剰資金で購入することに。

 

その20万円で考えてみると、なんとRSは最低でも10万キロオーバーの中古車しか無理っぽいのでした。

 

そこで見つけたのがスバルいわくマイルドチャージャーのプレオだったのです。

 

タイプLか、ネスタにすることにしたのでした。

 

買う車が決まったら、ヤフーオークションやメルカリ、メルカリアッテ、ジモティーの個人売買に注目。

何十台も検討、ウォッチリスト、お気に入りに入れる。

 

まあ、その間も程度の良さそうなキューブやミッション車、日産のオプティターボなどにも心が揺さぶられていたのでしたが。

 

個人売買でも色んな人がいる。

 

査定のチョット高額で売れればいいという金額設定(もちろん購入希望者は殺到する)している人や絶対売れんやろ~というよく丸出し設定まで。

 

そして、問い合わせ多数になるとみると出品取り消し、他のサイトにその金額より高く売ろうとする輩もいた(笑)。

 

このネスタ良さそう!と思った大阪の個人の販売者もいた。

こちらは一応、大人としての礼儀を尽くしての応募をしてみた。

すると高飛車な返答。

 

現車確認の時間が非常に狭い(汗)。

 

「この人、売りたくないのか?」と思うほど(笑)。

 

その件の誹謗中傷は他の記事にて書いていくことにする(笑)。

 

このタイプLにしたのは、低姿勢の若い人が売り出していた人の現車確認で気に入ってしまったのでありまする。

 

現車確認した車でなく15万キロオーバーのプレオくんが陸橋をドッドッドッ~と言いながらある程度の加速で駆け上がっていくのを体感したから^^

 

17万キロ超えのキューブちゃんにはなかった快感だったのです(キューブちゃんごめんね)。

個人売買で安く買おうとしながらも、結果的には中古車販売店での購入となったのですが^^

 

キューブに比べて、兵庫県内の販売者が少ないのである。

多いのは埼玉県や群馬県。

というのも関東の会社というのがその原因なのかもしれない。

 

愛知県と言えばトヨタ、ホンダは三重県、マツダと言えば広島といったところなのかもしれませんね。

 

ちなみにコロンビアのタクシーはマツダです^^余談。

 

そうしながらもプレオだけでなくR2も見ていたのでした。

 

ただし、スーパーチャージャーはコマが少ないのがR2だったんです。

 

でも、結果的にマイルドチャージャーにしてよかった点は、マイルドと言いながら60馬力ある。(確かレックスはそこまでなかった記憶がある)

 

そしてRSぐらいの頂点のタイプだとぶん回している人が多い。実際、僕もレックスのミッションのときは峠などで遊んでましたし、踏み込みはきつかったはず(汗)。

 

そういう観点ではマイルドチャージャーは悪く言えば中途半端であるが、走り屋さんタイプの人は乗っていないはず!と希望(あくまで)。

 

明石市にあるカーセンサーに掲載している中古車屋さんで購入したのですが、実際には程度がいいプレオ君だったのです。(クーラーのベルト交換のときにディーラーの整備士さんがボソッと仰っていましたので満足した次第)

 

見かけは大人しすぎるので舐められることが多いのだけれども(笑)。

 

そんなこんなで40歳を過ぎたおっさんではあるのですが、(ある程度?)走る軽自動車再デビューを果たしたのです。

 

 

車の経歴。

親父にもらった550CCのアルト(4速ミッション笑)

レックススーパーチャージャー(SOHCスーパーチャージャー、5速ミッション)

ホンダ イノーバ(オートマ、確か2000CC)

トヨタ エスティマ(ディーゼル)

10年ほどタクシー生活

レンタカーでキューブ

そして、前の13年落ちのキューブ(凹みまくりのヤフオク購入5万)

今回のプレオ君。